environment -環境

住宅を完成させるためには多くの資源を必要とします。
私共は、ただ使うだけではなく工務店としての立場から地球環境を守る為に
近くの山の木を使い木造住宅を造ることを心掛けています。

森林の現状

森林の現状
我が国は国土面積の64%を森林が占める、世界でも有数の森林保有大国です。木材を生産する人工林が4割、かつては薪炭林として利用されてきた天然林が4割、そして残りの2割が原生林です。森林は、水源かん養、自然災害防止、水質浄化、大気浄化、レクリエーション、生物種保護など、多くの公益的機能を発揮しています。しかし、戦後の木材自由化の波に押され、我が国の林業は低迷の一途を辿り、現在では管理放棄された森林が増え続けています。
木材自給率が約2割の現状で、戦後植林された杉やヒノキの蓄積量は増え続け、管理放棄された森林はモヤシ状の過密林となり災害の危険性が増大しています。

世界の森林率と木材自給率
各種建材の製造時の二酸化炭素排出量

なぜ木造住宅なのか

なぜ木造住宅なのか
森林の木々は成長課程において多くの二酸化炭素(CO2)を吸収し、木材となってからも炭素として固定しています。さらに、木材を建築用として使用するための製造・加工エネルギー(CO2排出量)は他の建材に比べてはるかに少なく、廃棄した後も自然へ帰ります。
木造住宅の建設エネルギーは鉄骨造や鉄筋コンクリート造に比べ約1/3〜1/4です。また、鉄骨造や鉄筋コンクリート造に比べて約4倍の炭素を固定します。木材は資源循環型社会の主役として脚光を浴びつつあるエコマテリアルです。
※エコマテリアルとは、環境負荷の小さな建材・素材などのことです。

住宅一棟当たり(約38坪)の炭素放出量
住宅一棟当たり(約38坪)の炭素固定量

なぜ近くの山の木を使うのか

木材を運ぶ際にどのくらいのCO2を排出しているか御存知ですか?
使用する木材を見直すだけで排出されるCO2は大幅に削減できます。

木材の輸送過程で排出されるCO2量の比較

○○杉の家は一般的な住宅に比べ、約72% 木材の輸送における排出CO2を削減しています。

木材を運ぶ時排出されたCO2の送料をウッドマイレージCO2と呼びます。木材の履歴から、木材がたどってきた経路における輸送距離、木材量、輸送手段別CO2排出原単位を掛け合わせて算出します。トラックや船舶など輸送手段が異なればCO2排出量も異なってきます。
各々の建築物では使用する木材量が異なることから、1m3当たりのCO2排出量(ウッドマイレージCO2)を求め、それを元に比較することで、どれだけ輸送時のCO2を削減したかがわかります。この1m3当たりの数値をウッドマイルズCO2と呼びます。

木材1㎥を運ぶ時のCO2排出量の比較

その排出量ってどのくらい?

直径1mの風船、約3,355ヶ分のCO2量を削減
杉の木、約240本が一年間に吸収するCO2量を削減
一般家庭の消費エネルギーとの比較では、
ページトップ